トップページへ戻る > 買い取ってもらうには?

買い取ってもらうには?

雑誌買取をしてもらうには、やはり「コツ」を押さえておく必要があるでしょう。当たり前のことですが、いくら珍しい雑誌でも「汚れが酷い」「ページが破れている」「一部記事を切り取ってしまっている」と言う状態のものは「買取不可」となることも多いです。折り目が付いていたり、落書きがあったりする様な雑誌も大抵NGでしょう。

雑誌に高いお金を出す様なマニアの場合、本の状態を非常に気にします。雑誌の表紙がシワになっていたり、日焼けして色が薄くなってしまったりしているものは、まず売れません。中には「状態なんて何でも良いから、とにかくこの雑誌が欲しい」と言う気持ちで探している人も居るかもしれませんが、大抵の場合「状態が悪いものには手を出さない」ことがほとんどです。だからこそ、「売る」と決めている雑誌の場合は「日ごろから大切に扱うことが大事」なのです。

折り目をつけない、落書きをしないことはもちろんですが、タバコのヤニなどにも気をつける必要があります。色が変色するのは見た目が悪くなりますから、絶対にNGです。これに気をつけるだけで、売れるか売れないかが決まることもあるのです。

最初から「リサイクルゴミに出す」と決めている雑誌なら別ですが、雑誌買取をお願いしたいと考えている場合は「丁寧に扱うこと」を念頭においておかなければなりません。できるだけ綺麗に、折り目がつかない様に読んだ後は、古くなり過ぎないうちに売りましょう。時間が経てばどうしても黄ばみなどが出てきてしまうものです。それが出ないうちに売ってしまうことです。

関連エントリー



Copyright © 2010 雑誌買取のコツQ&A!. All rights reserved