トップページへ戻る > 郵送査定は何冊から?

郵送査定は何冊から?

雑誌買取について調べてみると、「雑誌を郵送して査定をしてもらうシステム」を導入しているところがあります。「雑誌買取をして欲しい!」と思っても、高く買い取ってくれるショップが近くに無いことがあります。場所によっては、「雑誌買取をしてくれるショップそのものが無い」と言う地域もあるでしょう。そんな時に便利なのが、「雑誌をショップに郵送して、査定をしてもらう」と言うシステムです。これなら、自宅に居ながら簡単に査定をしてもらうことができますし、お店に本を持っていく手間を省くことができます。

そんな郵送での査定ですが、さすがに「○○冊から」と「郵送査定が可能な冊数」を指定している所がほとんどの様ですね。調べてみると、大体20冊から30冊程度が多い様です。ダンボールの大きさにもよりますが、あまりに多い雑誌を箱に詰めるのは大変です。ある程度の冊数になったら、すぐに送ると良いでしょう。

中には、郵送による査定に出すつもりで雑誌を溜めていたとしても、冊数が増えすぎて「面倒になった」とギブアップしてしまう人もいます。毎月決まった数の雑誌を購入し、溜まるスピードをある程度予測することができる人は、定期的に雑誌買取ショップに雑誌を郵送すると良いかもしれませんね。

また、「郵送査定」の他に「訪問査定」をしてくれるショップもあります。これは、自宅までスタッフがやってきて、その場で本の査定をしてもらうことが出来ると言うもの。機会があれば、こちらも利用してみて欲しいです。

関連エントリー



Copyright © 2010 雑誌買取のコツQ&A!. All rights reserved