トップページへ戻る > 古い情報の不思議

古い情報の不思議

雑誌買取をするショップは、ネット上で検索するとたくさんの種類を見つけることができますよね。これだけ多くのショップが存在すると言うことは、それだけ古い雑誌に人気が集まっているということ。「雑誌なんて、すぐに古くなるのに何故?」と思うかもしれませんが、「古い」ことに人気のポイントがあるのです。

これはとある人の経験談ですが、以前販売されたパソコンの雑誌を買いそびれてしまい、非常に後悔していたそうです。出版社に問い合わせても「バックナンバーはありません」と言われるだけで、手に入れることはできませんでした。どうしてその古い雑誌が必要だったのか、それは「雑誌についている付録」が欲しかったからだそうです。パソコンの雑誌にはウェブサイト作成用の素材などが付いていることが多いですよね。その人も、付録が欲しくて過去の雑誌を探していたそうです。何件かのショップを回って、やっと見つけることができたと言っていました。こうした「古い雑誌」を見つけることができるのも、雑誌買取ショップのいい所だと思います。

また、「古い雑誌に読みたい特集が掲載されていた」「新しい雑誌には新しいカメラの使い方しか載ってない。だから、古いカメラの使い方が掲載された本を手に入れたい」と、古い雑誌を探す人もいる様です。自分にとっては古い情報でも、必ずどこかでその情報を欲しがっている人がいます。雑誌買取は、そういう「処分したい人」「探したい人」の架け橋になる存在なのです。

関連エントリー



Copyright © 2010 雑誌買取のコツQ&A!. All rights reserved